阪神西宮にて婦人科・女性内科クリニックを開院し、2年が経過しました。地域に根差した、気軽に何でも相談できるレディースクリニックを目指します。

軽度認知障害(MCI)スクリーニングについて

「あのひと」「アレ取って」など、人や物の名前が出てこない、こんな経験ありませんか。

厚生労働省の発表によると、2025年には65歳以上の高齢者のうち、認知症の人は約700万人(5人にひとり)に増加すると予測されています。

認知症の中で最も多いアルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)は、発症する20年くらい前から能に原因となるたんぱく質(アミロイドベータたんぱく質)が溜まることにより、認知機能が少しずつ低下することによっておこります。

ただ、健常なひとがいきなり認知症になるわけではなく、軽度認知障害(MCI)といわれる中間の段階があります。

そのまま過ごすと約5年で半数以上がMCIから認知症に進行するといわれています。

MCIスクリーニング検査は、脳に溜まるたんぱく質を脳内から排除し、その毒性を減弱させるマーカーを測定することにより、認知機能障害の程度を推定するものです。

最近の研究では、軽度認知障害間での段階で、生活習慣の改善をし適切な予防や治療を行えば、認知症の発症を防ぐことや遅らせることができるをわかっています。

MCIスクリーニング検査は健康診断のため、健康保険の適応がありません。

こじまクリニックでは 20,000円(税抜)で検査をしています。

検査結果の判定には2-3週間必要です。

お気軽にお電話ください。

診療時間:月火水金土9:30~12:45  15:30~19:00
※土曜日午後は休診